12年齢眼の面倒

この間、都内に住む高校生時代の知り合いから久しぶりに通報が来て、たまにはお茶でもしながらチャット決めるについてになり、お互いのオフによって喫茶店で待ち合わせました。数年ぶりに巡り合う知り合いはモチベーションそうでしたが、少し痩せたかなという状況。ちょっと気になったので「何かあったの?」と話を聞いてみると、12階層前に35階層融資で買った住宅の水移りを中心としたあちらこちらに傷みが出てきて、ひと月何かしらの改修でお金が飛ぶようになくなっていくというのです。しかも、新築でアパートを買った際に、TVや電子幅などの電化物も集大成新しく差し換えたものだから、それも同時に経年落ち込みによる負傷が相次ぎ修正で返済は膨らみ、さらに、子供たちがユニバーシティ受験と高校生受験を控えていてゼミナール値段も愚か者にならないとのチャット。現在は全く蓄財が出来ていなくて自分たちの老後のための儲けをどうしようかと念頭を抱える身辺ですみたい。幸い友人のご両親は今元気に一生出来ているそうで、介護の必要もないとのことですが、多分近い将来、介護のために退社も考えなければならないだろうとのチャットに、きのうから楽しみにしていた知り合いとのお茶の間隔がものすごく重いイメージになってしまいました。
思い起こせば12階層正面、新築祝いにお呼ばれして、新築のアパートと新しい電化物、かわいい子供たちに嫉妬するほどうらやましく思えたあの日がなんだか切なく思えました。あの日数果報オーラ全開だった知り合いはそういった先が迎えるは思惑もしなかったのだろうなと思うと、とても他人事は思えず悠長に構えている場合ではない時に気づき、とにかく切り捨て1円でも多く貯蓄して今後に備えようと強く心に誓いました。エクスレーヴの口コミと悪い口コミ