面皰との闘い

 あたいが初めてにきびを意識し始めたのは四年手前でした。入口は頬にできた赤くちっちゃなもので、そこまで気にするものではないだろうとたかをくくっていました。それから少々は、できてはなくなっての繰り返しでしたが徐々にその数値が増えていきました。洗浄が欠陥なのかと思い、強く洗ったりしましたがにきびの手続きは止まらずにTポイントとUポイントはにきびだらけになっていしまいました。なのであたいは少々奮発して、にきび専用の洗浄様式を購入しました。最近考えたらこういう判断は間違っていました。その洗浄様式を使い始めたころは何となく効果があるように捉え、購入してよかったと思っていました。但し、それを感じたのは最初だけで実際にはにきびの目立ちほうが遅いだけでした。最初は満足していた食い分、使い続けていくうちにどんどんヤキモキかたまって赴き、にきびが憎たらしく思えた結局いつのまにかにきびを押しつぶすようになっていました。にきび跡が止まるようになり、鏡を確かめるのが本当に苦痛で通常朝から憂鬱なバイタリティにさいなまれたものです。こんなある日、あたいを見かねた親が素肌科の診療をすすめてきました。洗浄様式の形式もあって、かなりにきび見立てに対して疑心暗鬼になっていたあたいでしたが親の提唱は放置できず、一斉受診してみました。そこから出来事が劇的に変わっていきました。複数の順番をふむ長期的見立てでしたがきちんとインパクトが表れ、にきびが消えていきました。最近、少しにきび跡は残ってしまいましたが鏡を確かめる度に当時の主治医と親にサンキュー。beautifulstory.sakura.ne.jp/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9/%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%A6%E3%82%B9%E5%8A%B9%E6%9E%9C%E3%81%AA%E3%81%97.html