ひきこもりのデイリー

究極の貧困は何か。それが、ひきこもりだとおもう。
フリーランスになってからだいぶたち、アフィリエイトブログを立ち上げてしばらく経つが、当然まだまだ代金にはならない。蓄積も見る見る減っていくので、ひきこもりになってしまう。
親のすねかじりなので、我が家の手当てを通じて三食付きという生涯なので、貧弱生涯なのはわかっちゃいるけど、やめられない。
アフィリエイトプログラムだけではまだやっていけないので、クラウドソーシングをしているが、自分のような技法のない人物は真面目にやると割に合わない。
プレイ見解や鬱積を吐き出せるような用件をやったほうが一石二鳥になる。といっても儲かる対価は微々たるタイプだし、取り入れ限るのだが。
けど、もう完全貧困も近いので、そろそろ取り入れしようと思っているが、うちは少し地元なので、それほど新天地が探せるものではない。
やはり、雇われるととたんに負荷まみれの四六時中になるので、長く動くには、負荷のかからないような仕事場や、釣り合いを考えなくてはならない
そんなわけで、夜に文字書いたりして、夕方まで寝てるような毎日が拡がる。親も呆れているが、ひきこもりこそがある意味究極のロハスではなかろうか。無駄な資源を浪費取り止めるので、地球に優しい。リアルからすればひきこもりは悪のように言えるけど、こうみえても意外にいいことやるんだなと、我ながら想う。デリーモ口コミ悪い?脱毛効果なし?【除毛スプレー使い方解説】